顧客本位の業務運営に関する基本方針について

  1. TOP
  2. 顧客本位の業務運営に関する基本方針について

1.「顧客本位の業務運営に関する基本方針」の策定・公表について

伊藤忠リート・マネジメント株式会社(以下「当社」といいます。)は、以下の企業理念及び経営方針を掲げ、顧客である投資家の皆様からお預りした資金を誠実に運用することを最優先事項とし、業務に取り組んでいます。

企業理念(存在意義と使命)

賃貸住宅、物流施設など人々の生活や企業の活動に密着した様々な資産を運用する総合資産運用会社として、不動産証券化市場の健全な発展のために、高い倫理観、強い責任感、変化へ挑戦し続ける気概と情熱を胸に日々社業に誠実に向き合い、全てのステークホルダーに安心感、信頼感そして期待感を持ち続けていただける存在となります。

経営方針

  • 自らの使命、社会的責任を常に意識し、高いコンプライアンス意識を持ち、適切かつ公正な運用に努めます。
  • 伊藤忠グループとの拡張的協働関係の下、スポンサーグループ機能を積極的に活用し、ステークホルダー利益の最大化を追求します。
  • 有言実行の業務運営に努めます。
  • 正確迅速な財務情報等の開示、透明性の高い運用に努めます。
  • 人材育成、業務効率化(無駄の排除)等、業務基盤の強化に努め、運用態勢の高度化を進めます。
  • 持続可能な社会、脱炭素社会の実現に貢献するため、環境負荷の軽減に配慮した業務運営に努めます。

当社は、今後も変わらず投資家本位の業務運営を図っていくことを明確にするため、「顧客本位の業務運営に関する基本方針」を策定・公表いたします。また、本方針に基づく具体的な取組み(アクションプラン)やその取組状況を公表するとともに、より良い業務運営の実現に向け、定期的な見直しを行ってまいります。

2.顧客の最善の利益の追求について

当社は、上記の企業理念及び経営方針のもと、各運用ファンドが掲げる運用方針の実現を図り、投資家の皆様の最善の利益を追求します。また、高い倫理観と志を持って資産運用業務に従事することで、投資家の皆様に対する誠実かつ公正な業務運営を目指します。

アクションプラン

  • 外部成長戦略、内部成長戦略及び財務戦略を適切に実施することにより、各運用ファンドの運用方針の実現を目指します。
  • 幅広い不動産、金融知識を持ったエキスパート集団として、法令等を厳格に遵守し、高い倫理観と志を持って資産運用業務に従事します。
  • 役職員への研修や人材育成等を通じ、役職員一人ひとりがフィデューシャリー・デューティーの意識を共有し、実践を行う企業文化を定着させていきます。当社における役職員への研修や人材育成についてはこちら

なお、各投資法人における実施状況及び今後の課題につきましては、各投資法人のウェブサイトより有価証券報告書等をご覧ください。

※アドバンス・プライベート投資法人は非上場投資法人のため、その投資主様のみが専用ID・PWを用いて同投資法人のウェブサイトにアクセスし当該情報等を確認することができます。(以下同じです。)

アドバンス・レジデンス投資法人

開示資料|IR・財務|アドバンス・レジデンス投資法人

有価証券報告書(第一部【ファンド情報】>第1【ファンドの状況】>2 投資方針

アドバンス・ロジスティクス投資法人

IRライブラリー|IR情報|アドバンス・ロジスティクス投資法人

有価証券報告書(第一部【ファンド情報】>第1【ファンドの状況>1【投資法人の概況】③次期の見通し>(イ)今後の運用方針】

アドバンス・プライベート投資法人

アドバンス・プライベート投資法人ホームぺージ

3.利益相反の適切な管理について

当社は、各運用ファンドの資産運用業務について、利害関係者との間の利益相反防止をコンプライアンス上の重要テーマとして認識し、利益相反取引によって投資家の皆様の利益を不当に害することがないよう、細心の注意を払います。

アクションプラン

  • 当社では「利害関係者との取引規程」を定め、物件の取得売却・業務委託等の各種契約締結に際し、法令に基づく利害関係人等の範囲より広く定義した自主ルールに従うことで、利益相反の可能性を幅広に把握します。
  • 必要に応じて外部専門家を含めたコンプライアンス委員会の審議等によって利益相反性をチェックする等、利益相反の適切な管理を行います。

各投資法人の取組状況については、以下の各投資法人のをご覧ください。

利害関係者との取引状況

各運用ファンドの資産運用報告をご覧ください。

アドバンス・レジデンス投資法人

開示資料|IR・財務|アドバンス・レジデンス投資法人
Ⅰ.資産運用報告 >期中の売買状況 >【4 利害関係人との取引状況】

アドバンス・ロジスティクス投資法人

IRライブラリー|IR情報|アドバンス・ロジスティクス投資法人
Ⅰ.資産運用報告 >期中の売買状況>【4 利害関係人との取引状況】

アドバンス・プライベート投資法人

アドバンス・プライベート投資法人ホームぺージ

運用ファンド間における利益相反防止体制について

当社が運用するアドバンス・レジデンス投資法人は賃貸住宅に、アドバンス・ロジスティクス投資法人は物流施設等に投資しています。また、アドバンス・プライベート投資法人及び受託私募ファンドは、賃貸住宅等及び物流施設等を含む国内不動産に投資する予定です。これにより、運用する複数のファンドが同一の資産の取得を検討する意向を示すケースも想定されるため、当社では、「資産取得の検討順位に関する規程」を定め、適正に運用することにより、利益相反の防止を図っています。

なお、当該規程において定める、資産取得にかかる各運用ファンドの優先検討順位は以下のとおりです。

優先検討順位

賃貸住宅等※1

第一位:アドバンス・レジデンス投資法人
第二位:アドバンス・プライベート投資法人
第三位:受託私募ファンド

物流施設等※2

第一位:アドバンス・ロジスティクス投資法人
第二位:アドバンス・プライベート投資法人
第三位:受託私募ファンド

その他の用途の不動産等※3

第一位:アドバンス・プライベート投資法人
第二位:受託私募ファンド

※1…アドバンス・レジデンス投資法人が投資対象とする国内の賃貸住宅、学生マンション、学生寮及びヘルスケア施設を指します。
※2…アドバンス・ロジスティクス投資法人が投資対象とする物流施設、工場、データセンター、通信施設、研究施設、供給処理施設、再生可能エネルギー施設等 を指します。
※3…オフィスビル、商業施設、ホテルをいい、賃貸住宅等及び物流不動産等に該当しない不動産等を指します。

但し、売主その他の関係者より、運用ファンドのいずれかが優先検討者として予め指定されている場合など特殊事情が存在する場合は、上記の取扱いの対象外とします。

これらのルールを踏まえて、投資情報検討会議を開催し、個別物件の優先検討者を決定します。

4.手数料等の明確化について

当社は、投資家の皆様の目線に立った資産運用報酬・手数料を設定するとともに、その内容について適切な情報提供を行います。

アクションプラン

  • 資産運用報酬は、投資家の皆様からのご承認に基づき、適正な報酬体系を採用しています。
  • 投資法人の資産運用報酬の支払に関する基準は、投資法人の規約で定め、毎期の報酬額については資産運用報告等において開示します。
    また、各種説明会等を通じて、広く投資家の皆様に対して情報を提供します。

各運用ファンドにおける資産運用報酬体系及びその金額については、以下の各投資法人のウェブサイトをご覧ください。

アドバンス・レジデンス投資法人

開示資料|IR・財務|アドバンス・レジデンス投資法人

  • 投資法人規約
  • 毎期の報酬額…有価証券報告書の第二部投資法人の詳細情報 > 第5投資法人の経理状況 > 1財務諸表 

アドバンス・ロジスティクス投資法人

IRライブラリー|IR情報|アドバンス・ロジスティクス投資法人

  • 投資法人規約
  • 毎期の報酬額…有価証券報告書の第二部投資法人の詳細情報 > 第5投資法人の経理状況 > 1財務諸表

アドバンス・プライベート投資法人

アドバンス・プライベート投資法人ホームぺージ

5.重要な情報の分かりやすい提供について

当社は、透明性確保の観点から、金融商品取引法、投資信託及び投資法人に関する法律、東京証券取引所、投資信託協会、第二種金融商品取引業協会、日本投資顧問業協会等が定める内容に従った情報開示を行うとともに、投資家の皆様の投資判断にとって必要かつ適切と判断される情報を、可能な限り迅速かつ分かりやすく開示するよう努めます。また、当社は、投資家の皆様の取引経験や金融知識を考慮の上で、商品特性に応じた情報提供を行います。複雑又はリスクの高い商品の販売・推奨等を行う場合には、類似する金融商品に関する情報を提示するなど、可能な限り分かりやすく丁寧な情報提供がなされるように努めます。
なお、当社は複数の金融商品・サービスをパッケージとした販売・推奨等を現在行っていません。

アクションプラン

  • 開示にあたっては、情報の透明性・分かりやすさを重視するとともに、誤解を招かない誠実な内容であるか等にも十分配慮し、投資家の皆様のニーズに即した情報開示に努めます。

各投資法人の取組状況については、以下の各投資法人のウェブサイトをご覧ください。

アドバンス・プライベート投資法人

アドバンス・プライベート投資法人ホームぺージ

6.顧客にふさわしいサービスの提供について

当社は、各運用ファンドの資産運用に当たっては、投資家の皆様のニーズの把握に努め、当該ニーズを意識した資産運用を目指します。また、資産運用状況を分かりやすくお伝えできるよう、投資家の皆様に対する積極的な情報提供を行います。
また、当社は、投資家の皆様の取引経験や金融知識を考慮の上で金融商品・サービスの組成、販売・推奨等を行います。

アクションプラン

  • 販売、推奨を担う証券会社等の関係先と連携しながら投資家の皆様のニーズを把握するとともに、各種法令等の遵守に留意しつつ、当該ニーズを意識した資産運用に努めます。
  • 各投資法人の資産運用状況については、決算説明会及び個人向け運用状況報告会の定期開催並びにウェブサイトにおける各種資料開示等を通じて、投資家の皆様に対する積極的な情報提供を行います。

各投資法人の取組状況については、以下の各投資法人のウェブサイトをご覧ください。

アドバンス・プライベート投資法人

アドバンス・プライベート投資法人ホームぺージ

7.従業員に対する適切な動機づけの枠組み等について

当社は、資産運用会社としての社会的責任と公共的使命の重要性を踏まえ、「社会からの信頼の確立」及び「法令等の厳格な遵守」を柱とするコンプライアンス基本方針を定めています。
当社は、当該基本方針を踏まえ、投資家の皆様の最善の利益を追求するための適切なガバナンス体制や従業員に対する動機づけの枠組みを整備します。

アクションプラン

  • 外部委員(第三者)を構成員とする投資委員会及びコンプライアンス委員会を社内に設置し、ガバナンス体制の維持・向上を図ります。
  • 運用ファンドの中長期的な安定成長を考慮して組織目標を設定し、本目標をベースに職員の評価を行います。
  • 資格取得奨励制度やスキルアップ研修、コンプライアンス研修等の計画的な従業員教育を通じて、投資家の皆様の利益を追求する意識を醸成します。

各投資法人の取組状況については、以下の各投資法人のウェブサイトをご覧ください。

アドバンス・プライベート投資法人

アドバンス・プライベート投資法人ホームぺージ

ページトップへ