サステナビリティ

  1. TOP
  2. サステナビリティ

サステナビリティ方針および推進体制

サステナビリティ方針

当社では、地球環境や社会課題への対応を事業活動における重要課題と捉え、「サステナビリティ方針」を定め、資産運用業務および事業活動全般においてこれを実践することにより、持続可能な社会の実現に貢献していきます。

  1. 法令の順守と組織体制の整備
    環境・社会・ガバナンス(ESG)に係る法令を遵守すると共にリスクを未然に防止すべく、適切な組織体制を整備します。
  2. 脱炭素社会の実現に向けた取り組み
    エネルギー効率の高い設備の導入や、再生可能エネルギーの導入により、保有物件の運用に係る温室効果ガス排出量を削減し、脱炭素社会の実現および気候変動の緩和に貢献します。
  3. 省資源・廃棄物の削減
    節電・節水や廃棄物のリサイクルに係る取組みを推進し、省資源・循環型社会の実現に貢献します。
  4. 従業員の啓発
    従業員の環境配慮に関わる意識の向上を図り、実践を推進するため、教育・啓発活動を行います。
  5. 地域社会への貢献
    従業員およびプロパティ・マネジメント会社等の社内外関係者との協働により、テナントに良質な物件を提供すると共に地域社会へ貢献することに努めます。
  6. 分かりやすい情報開示
    ESGに係る方針や取り組みについて、投資主の立場に立った分かりやすい情報開示を行っていきます。

当社のサステナビリティ推進

企業理念・経営方針や外的環境の変化を踏まえた当社のサステナビリティ推進の方向性を「サステナビリティ方針」として定め、組織的・体系的に推進しています。また、推進する上で、当社および各投資法人が優先的に解決すべき重要課題として定めたマテリアリティについて、目標を定め、目標達成のためのPDCAサイクルを実施しています。

企業理念・経営方針はこちらからご覧ください。

マテリアリティについては、以下各投資法人のウェブサイトよりご覧ください。

 

サステナビリティ推進体系

当社では、サステナビリティ向上活動を組織的に推進していくため、代表取締役を委員長とする「サステナビリティ推進委員会」と、各部の実務担当者により構成される「サステナビリティ実務委員会」を設置しています。サステナビリティ推進委員会は年に2回開催され、サステナビリティに係る目標や施策の立案、気候関連リスクと機会の特定・評価、気候関連リスクの分析と全社的な管理、環境パフォーマンス・ESG外部評価結果のモニタリング、目標への到達度確認、残課題や新たな課題のための目標再設定、というPDCAサイクルを実施し、中長期的な資産価値の向上を目指しています。また、サステナビリティ実務委員会は、目標達成に必要な各種施策推進を担います。
目標はサステナビリティ最高責任者である代表取締役が決定し、目標や施策の進捗状況等については、半年に一度取締役会・各投資法人の役員会に報告しています。

役職員への研修

サステナビリティ意識向上のため、当社の役職員に対し、定期的なサステナビリティ研修(専門講師による研修および社内研修、年2回以上)、自宅における節電チャレンジ、SDGs推進イベント等による啓蒙活動を実施しています。

伊藤忠商事のサステナビリティ方針

当社のメインスポンサーである伊藤忠商事では、サステナビリティ推進の方向性を「サステナビリティ推進基本方針」として定め、重要なサステナビリティに関する課題を抽出した「サステナビリティアクションプラン」を策定しております。そして、年2回のレビューミーティングを開催する等PDCAサイクルシステムに則り、サステナビリティを推進しております。
なお、詳細については、こちらをご参照下さい。

環境・社会・ガバナンス(ESG)への取り組み

ページトップへ